2011年04月11日

小金井市立緑中学校の生徒たちが来所しました!

小金井市立緑中学校の1年生が2月15日(火)から17日(木)まで、小金井ボランティア・市民活動センターへ職場体験に来て下さいました!!
今回、センター広報誌「ぼらんてぃあこがねい」の取材や原稿制作のお手伝いをしていただきましたひらめき

今回は4人の生徒さんが来所しましたぴかぴか(新しい)

緑中写真.png

共同作業所スペース楽・2での機織り体験の様子



4人の感想文の一部を皆様にご紹介します(^−^)


@僕は、ボランティアの活動をしたことはあるけれど自分からやることはありませんでした。ですが今回の話を聞いて、ボランティアというのはそこまで難しいことではなく、自分たちの身近にあるということを知りました。
 例えば収集するボランティアや、ゴミ拾いというちょっとした事でも十分にボランティアになると知って、1人でもすることができるのでこれからベルマーク、ロータスクーポン、又、切手を集めるなどができるので、集めたらボランティアセンターに届けるなど地域づくりに貢献していきたいと思いました。
 責任をエネルギーにするということを聞いて、ボランティアはそういう達成感のようなもののためにあることを知れてよかったです。(Oくん)


Aこのはじめの一歩でボランティア活動4原則のことを説明してくださった方のおかげでよくわかりました。
 1つ目の自分から進んでというのは自分の意思で、また、与えられた仕事ではなく自分で発信するということだとわかりました。2つ目の共に支え合い、学び合うというのは、活動を通して自分にないもの、新たな可能性を見つけることだということがわかりました。3つ目の見返りを求めないというのは金銭目当てでやらない、また「ありがとう」という言葉目当てではなく上からの目線にならないことが大切ということがわかりました。4つ目のより良い社会をつくるというのは先に自らが進むということがわかりました。
 以前ボランティア活動に参加したことがありますが、ボランティア活動4原則のことを考えるのが足りなかったと思います。次にボランティアをやる時はこの4原則をしっかり頭において自分から行動したいと思います。(Rさん)


B私はこれから、身近でできることをしていこうと思います。例えば、ベルマークや使用済みの切手などを集めることです。ベルマークや切手の整理をして、色々な人が寄付をしていて私にも出来ると思いました。ベルマークの整理をして、色々な商品についているということがわかりました。これからついているものは集めていこうと思います。
 また、ボランティアは困ったボランティアではダメだということがわかりました。自分のことだけを考えるのはダメだとわかりました。又、ボランティアは楽しむ事も大切だとわかりました。挨拶、言葉づかい、服装など基本のことはやっていこうと思いました。
 これから、たくさんのボランティアに参加して今回聞いたことをいかして、ボランティアをしようと思いました。また、ボランティアをする時は役に立ちたいです。(Sさん)


Cボランティアは地域の人のことを考え、無償な中で頑張っていけばいいなぁと思いました。感想は「何事にもルールがあるのか」と思いました。よく世の中でルールという言葉を多く聞きますが、学校にも校則はあるし、家庭でもルールはあります。ここで、やっぱりボランティアにもルールがあり、ルールは大事なことだなと思いました。そして、ルールを守って生きていこうと思いました。
 次に、自分のやれることはやっていこうと思いました。例えばベルマークを発見して集めたり、切手を集めたりすることです。このことはしっかり自宅でも実行しようと思いました。また、ユニセフ募金を行っている所に募金に行ったりしようと思いました。そしてボランティアの呼びかけを行っている所に積極的に参加しようと思いました。全体を通じて、ボランティアに関心を持ち、できることをしていくことが大切だと知りました。このことを今後の学校生活や日々の生活にいかしていきたいです。
 又、ボランティアをしてくれていることによって、色々な事に役立ち、地域の人々に感謝の気持ちを持ちたいです。そして、このことを色々な人に話してみようと思いました。(Tくん)



緑中の皆さん、今回は本当にありがとうございました!!
今回の訪問は皆さんにとっていい経験になったと思いますひらめき
また遊びにいらしてくださいね!(@^^)/
posted by KVAC at 11:35| センター活動報告